子供の場合

完全に大人になった犬や猫ではなく、まだ子供の状態の動物には専用のペットフードを選んであげなくてはなりません。大人になる前は消化不良を起こしてしまう事も多く、硬いフードを食べることが難しいです。ペットも歯が生え変わる わる時期がありますので、こくいったことをしっかりと考慮しながらフード選びをしましょう。子供であるペットにフードを与える時には、噛みやすくしっかりと消化してくれるものを選ぶ必要があります。また顎の力を強くするためにも時々デンタルガムなどを噛ませてあげると良いでしょう。

小さな頃は活発に動き回り、栄養素もたくさん必要としています。そのためトータルバランスに優れたフード選びをしてください。とはいえ脂質の多いものなどを毎日与えると肥満になってしまうことがあるので注意。また嗜好性が高くなってしまうことを防ぐためにも、いくつかのフードを順番に与える必要があります。一つのフードばかりを与えていると飽きてしまい、他のフードに変えた時にも今度は慣れない味なので食べてくれないことがあります。

ちょっとした変化で栄養不足になってしまうことがあるため、子供の犬や猫、その他小動物専用に作られたフードを与えてもください。ミネラルをはじめとして、タンパク質や脂質などがバランスよく配合され、しっかりと噛んで食べられるように、鳥のささみなどが使われているフードがお勧めとなります。