高齢の場合

ペットは年齢を重ねて高齢になってくると、子供の頃と同じように消化不良を起こしてしまう事が多くなります。そのためシニア向けのペットフードを選んでる与えるようにしましょう。今まで食べさせていたフードと同じメーカーからシニア専用のフードが販売されているのであれば、それを与えるのが1番良いです。ただし、ごくわずかな味の変化やニオイの変化によって、食べてくれなくなったりするケースもあります。こういった食べムラを防ぐために、今まで食べていたペットフードに少しずつこれから先食べさせるペットフードを混ぜて味に慣れる事を促していきましょう。

高齢になると様々な病気のリスクなども高まってくるので、こういったリスクをしっかりと考えた上で作られたペットフードがお勧めとなります。脂質の多いものではなく、タンパク質を中心にビタミン類などが豊富で、尚且つ筋肉量を保てるようなアミノ酸などが含有されたペットフードが良いでしょう。徐々に歯が弱くなってきてしまい、柔らかいフードが食べられない時にはお湯などでふやかしてから与える事も必要になります。

また固形のフードではなく缶詰のように柔らかいフードを与えると下痢をしてしまう事がありますので、できれば固形のペットフードをふやかしたものを与えてください。シニアのペットフードはとても柔らかく作られていることが多く食べやすいですが、食べる量が減ってきてしまい、栄養が心配なときには赤ちゃんペット専用に販売されているミルクなどを与えるのも良い方法となります。

子供の場合

完全に大人になった犬や猫ではなく、まだ子供の状態の動物には専用のペットフードを選んであげなくてはなりません。大人になる前は消化不良を起こしてしまう事も多く、硬いフードを食べることが難しいです。ペットも歯が生え変わる わる時期がありますので、こくいったことをしっかりと考慮しながらフード選びをしましょう。子供であるペットにフードを与える時には、噛みやすくしっかりと消化してくれるものを選ぶ必要があります。また顎の力を強くするためにも時々デンタルガムなどを噛ませてあげると良いでしょう。

小さな頃は活発に動き回り、栄養素もたくさん必要としています。そのためトータルバランスに優れたフード選びをしてください。とはいえ脂質の多いものなどを毎日与えると肥満になってしまうことがあるので注意。また嗜好性が高くなってしまうことを防ぐためにも、いくつかのフードを順番に与える必要があります。一つのフードばかりを与えていると飽きてしまい、他のフードに変えた時にも今度は慣れない味なので食べてくれないことがあります。

ちょっとした変化で栄養不足になってしまうことがあるため、子供の犬や猫、その他小動物専用に作られたフードを与えてもください。ミネラルをはじめとして、タンパク質や脂質などがバランスよく配合され、しっかりと噛んで食べられるように、鳥のささみなどが使われているフードがお勧めとなります。

去勢している場合

犬や猫といった動物などはペットとして飼われていると、去勢をすることがあります。去勢手術をしたあとは比較的肥満体質になってしまうことがあり、ペットフードをしっかりと選んであげなければなりません。なぜ肥満体質になってしまうのかというと、去勢手術をすることによって、または避妊の手術をすることによってホルモンバランスが大きく変わってくるからです。このあたりについては人間も同じように考えていて良いでしょう。ホルモンバランスが変わるということは、人間でも動物でも同じなのです。

ですから手術をする前と同じフードや同じ量を与えてしまうと、肥満になってしまう、または体調を崩してしまうことがあります。ライフステージに合わせながらフード選びをしていく事は大切ですが、特に去勢をした後にはカロリーが少なくなっており、さらには尿路結石を防止するための成分が含有されているものを選んでいきましょう。便秘を防ぐためにも食物繊維の豊富なものを選んであげると良いです。基本的には低カロリーで固形になっているフード選びを行い、良質なたんぱく質が使われているものがお勧めとなります。

またこのような成分にプラスして毛づやをサポートするためのビタミンB 群、さらには亜鉛などが含有されたフードも販売されています。フードを変えることによって便秘になってしまうこともありますので、便秘予防のために上記した食物繊維が豊富なものが良いでしょう。

状態でペットフードを変える

ペットを飼っている方は、飼っている動物の状態に合わせながらペットフードを変えていくことが重要になります。例えば去勢している場合や、まだ子供の場合、さらには高齢になってから、というようにペットの年齢で考えてあげることも重要になるでしょう。また体調が悪いときや、とても元気な時その他、妊娠した時などそれぞれの状態に合わせながらペットフードを変えていきましょう。

近年では犬猫といった動物だけでなく、その他にも様々な小動物などがペットとして飼われるようになりました。またフードも本当に様々なものが販売されています。その中で値段などに偏ってしまうのではなく、ペットの状態をしっかりと観察しながらベストなペットフードを与える事がとても重要になるのです。人間と同じように食べ物によって体調が変わることや、毛づやが変わることもあります。さらには、フードに含まれている成分によってある程度は性格にも変化が訪れるといった意見などもあります。またこちらも人間と同じく好き嫌いをすることがありますので、あまり食べてくれないペットフードをしつこく与えてしまうより、好んで食べてくれる物を与えた方が良いでしょう。

とはいえ、あくまでもペット専用に販売されているフードをセレクトすることが重要になります。人間が食べているものは栄養価も高く、味も濃いのでペットは好んで食べてくれますが、しっかり消化することができないなどといったトラブルも出てきてしまいます。必ず動物専用に作られたフードを選び、今の状態にベストなものを与えていきましょう。

参考資料|http://www.canagancatfood.co.jp/
全ライフステージ対応の、栄養バランスに優れたキャットフードです。